結婚式の種類いろいろ

冠婚葬祭といえば、結婚式ですが、色々と種類がありますから、その時々に応じた格好をする必要があります。
まず教会式であり、今現在、最も人気のある式の挙げ方です。
言うまでもありませんが、別にキリスト教徒だから教会で式を挙げるわけではありません。
むしろ、日本は大半が仏教徒であり、キリスト教徒は人口の一パーセントもいないと言われています。
しかし、教会で結婚式を挙げる人は多く、式場といえば教会風であることを思い浮かべる人がほとんどです。
また、神前式という神社で行なう式もあり、これが意外と安く済むので堅実な考え方になりつつある若い世代は神前式で挙げることが多くなっています。
もう一つは、人前式というものであり、これは自宅でやる式であり、日本古来の結婚式のやり方です。
三三九度などの儀式は人前式で行なうもので、高砂なども人前式の儀式です。
神前式と間違える人がいますが、明確に違いますから、よく覚えておきましょう。
元々、結婚式というのは親戚を一堂に会して、これからの付き合いをお願いする儀式であり、別に見栄を張るべきところではありません。
もちろん、家格に応じた式を挙げることは大事ですが、別にお金を掛けることによって何かが変わるわけではありませんから、あくまで分相応な式を挙げることを心がけるのが大事です。
ちなみに黒は喪服の色であり、白は芽出度い色とされていますので、結婚式は白を基調に行なわれることが多いです。
赤も芽出度いので、紅白の飾りつけをすることもあります。
あくまで夫婦であることを確認して、披露する式であり、豪勢にすることがその後の出世に繋がるというわけではありません。
例えば、日本一の出世をした豊臣秀吉は茣蓙一枚の結婚式だったという記録があります。
重要なのは本人が納得していることであり、不相応に豪奢な式を挙げて身代を傾けないように心がけましょう。

0 responses. Leave a Reply

  1. EDZFPiqq

    Today

    Be the first to leave a comment!

Comments are closed.